植物は、発芽させることすら難しい。そしてそれらの技術はオープンソース化したほうがいい。

広告



野菜を育てることの難しさ。

 

一般的に農家という職業の人たちも。

必ずしも自分で、種から苗を仕立てて野菜育てているわけではない。

苗は購入している。

 

種をまいて発芽させる技術。

 

その作物の特性によって方法。

難易度も違う。

 

発芽なら、数日から数週間。

 

発芽させる以外にもその後。

食べられるまで、野菜を育てるには。

長い時間がかかる。

 

技術というか。

失敗を含めて経験したこと。

いままでこのブログに書いている。

 

書いてはいるけど。

まだこれは、ブログというより個人の日記。

 

自然栽培、野菜の育てかた。

 

うまく育った何種類かの野菜に関して。

まとめてブログにリライトする、まとめる予定。

 

情報が必要な人に隠さない。

ただし一人の経験、情報と実践、成果はイコールではない。

 

隠さずにオープンソース化する。

 

オープンソース化することにより。

自分の技術も。

さらに発展する。

 

『人間の未来 AIの未来』

 

将棋ソフトの発展と研究者の世界の情報開示の違い。

先端にいる人の対談。

 

 

自然栽培、農業の発展。

どちらの世界を参考にすべきかは個々の考え。

私は開示、オープンソース化派。

 

広告