田舎の高齢化、人口減少。これから何をどうするべきか?

広告



田舎に限らず都会でも、高齢化、人口減少している。

 

地方はどうにかして若い人、人口を増やそうと。

なんとか誘致、招致しようと人間の取り合い。

 

人間が減って困ること。

国の生産力、GDP、GNPが下がるとか。

数字上の問題はあるけれど。

 

田舎はコンクリートで囲まれた都会よりも。

もうすこし実害、差し迫る感覚。

自然に負ける、都会に先駆けて人間が住めなくなる。

 

無償の作業。

 

広大な自分の住居や敷地、農地や山林だけでなく。

地区で守っている神社やお寺。

これらも地区の人間で管理、運営をしているらしい。

 

例えば、そこの草刈り作業も。

自治会、地区の人間で、無償の実作業をしなければいけない。

外注する予算はないに等しい。

 

高齢化。

 

生産性のない田舎の地域では向上心。

これだけ日々新しいこと、激変している世の中でも。

 

以前の仕組みや体質が続いていて。

その中でしか物を考えていない。

年、高齢だから仕方がない。

これで片付けていい問題なのか?

 

城里町の議会議員選挙。

 

『この人に投票をお願いしますね。』

知っている人に投票のお願いをされますが。

それとこれは別。

いちおう考慮はします。

 

既存の考え方を超越した人。

面白い人がいたら、出馬したら。

確実に応援するのだけれど。

 

そんな人が現れたとしても。

まず田舎では当選はしない。

高齢者にはその新しい考えは理解されない。

 

まずは、ベーシックインカム。

小さいところから実証、検証してみたい。

労働意欲が減少するのか?というマイナスな面よりも。

もっとクリエイティブな社会を望んでる。

広告



1 個のコメント

  • 若い人を増やしたい!
    でも、若い新しい考えは望まない…、そこをどうにかせんと…。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。