城里町の議会議員一般選挙の広報が届く。

広告



2月25日は。

茨城県城里町の議会議員一般選挙。

 

都会に住んでいたときよりも。

議員という人が身近にいるのを感じる。

行政の仕組みは知らない。

 

名称はアツマーレ、水戸ホーリーホックの練習場、プラスその他の施設

 

先日まで、町長と議会で対立。

いろいろと予算が通らず。

ちょっとニュースになった。

 

肝心なのは公報。

 

選挙の日時と投票場所が書いてある広報。

回覧板と郵送で一枚ずつ。

選挙があるのはすでにネット上でも知っている。

合計3回以上情報に触れた。

すでにいらない情報。

 

だれが出馬して、どんな考えをもっているのか?が重要なのに。

 

公報は、新聞の折り込み、または特定の場所に備え付け。

個別で必要な人にだけ郵送の依頼。

町のページ、ネット上にはのらない。

 

公にされないのは。

選挙法に何か抵触するのかな。

 

広報より公報。

 

日時と場所のお知らせの広報より。

選挙公報の内容が重要、必要。

そういう観点から投票します。

 

楽観的、他力な未来は確実に来ない。

 

『挑戦した人だけ』がわかる、意思があってこその未来。

明日があるのかさえわからないことを経験した人。

そんなに人に票を投じたい。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。