地域で河川の草を燃やす予定だったのだけど。

広告



ビリーズマーケットのブログです。

 

回覧板や電話連絡では即時性がない。

 

田舎に限らず。

年齢層の高い人たちには。

スマホの普及、違和感なく使わせること。

無理なのだろう。

 

都市部に住んでいる自分の親が、スマホに対して拒否反応。

だから都会、田舎に関係ない。

 

情報量の少ない田舎の地域は、そのものを。

その利便性を知らないのかもしれない。

便利さを体感していない。

 

回覧板が回ってくる。

 

月に何度か回ってくる回覧板。

内容はすでにネットで知っていたり。

ほとんどいらない、役に立たない情報。

 

その情報を伝える目的だけならば。

紙と回覧板を回す手間。

時間とお金の無駄。

 

アツマーレ?

 

雪の降ったあとのある日。

決まっていた河川の掃除、枯れ草を焼却するという地域の作業。

予定の時間に目的地に行くと。

 

誰もいない。

 

河川の草を燃やすので。

雪の残った、湿ったその状態では燃えないだろう。

そう感じていても地域の行事。

個人で判断して『いかない』というわけにはいかない。

 

同じ組(近所のコミュニティー)。

各戸、一家に一人でもそろって顔をあわせるのは年に数回。

 

個別に会って話すこととはまた違って。

全体的な話が何か聞けるのかも。

作業は面倒だけど、その期待をしてた。

 

連絡なしで中止。

 

ちなみに自分だけが知らなかったのは自分だけではない。

だから『のけもの』にされたわけではない。

 

単純に情報伝達の手段が『アナログ』。

伝達が間に合わなかった(のだろう)。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。