わからないので。ミヒャエルエンデの本を読む。

広告



ビリーズマーケットのブログです。

 

地域通貨ってどうなんだろう。

 

地域活性化のアイテムとして。

地域通貨の実践、それと研究がされている。

今のところの立ち位置というか。

その効果、成果はどうなのだろう。

どちらかといえばマイナスイメージだけど。

最近、興味がある。

 

お金の代わりの地域通貨、紙ではなくても。

地域、期間限定でお得なパスポートなんかも出版、発行されていたりして。

かなり売れている。

でも、すでに時代はアナログではない。

 

ブロックチェーンの技術。

 

個人で発行するトークンエコノミー。

仮想、暗号通貨で資金調達できるIOC。

ブロックチェーンのしくみを使う流れが加速。

お金に限らず、既存の社会構造が変化していくはず。

 

通貨が共通ではなかった時代。

造幣技術や情報、移動手段の発達によって。

現在のお金、紙幣や貨幣は、国内では、信用されて使われている。

 

国をまたいだビットコインを始めとする仮想、暗号通貨。

世界共通の通貨が生まれるのかと思ったら。

より細分化されるトークンエコノミー。

この流れも面白いらしい。

 

この流れや面白さが整理できず。

まったくわからない。

ついていけない。

 

だから。

 

ミヒャエルエンデを読むよ。

 

そういうわけでミヒャエルエンデ。

何かヒントがあるかもしれないので全部読むつもり。

19巻まである。

読み終えるまでに時代が変わっているのかな。

 

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。