IBMワトソンでチャットボットを作ってみるよ。

広告



ビリーズマーケットのブログです。

 

IBMのワトソンを使って、チャットボットを作ってみる。

 

プログラムができない素人でもボットが作れるらしいので。

うまくできるかはわからないけど、とりあえずお試し。

今回はチャットのボットが作れるか?のテストだけど。

 

これはある意味、農業とAIの融合。

 

まず、農業、商売の道具、販売面で人間の省力化としてボットに働いてもらう。

そのうち、文字ではなく。

画像、写真の認識でやりとりができる。

画像認識が進めば、作物の状態をAIが把握。

生育状況、出荷時期の判断。

栽培管理ができれば、供給との完全なマッチング。

無駄のない、計画的な自然栽培が完成する。

 

データの蓄積が進めば、作物栽培の実労働が本当に軽減される時代がくるかもしれない。


今回は結果的に、アカウントを取得しただけ。

途中でパソコンがフリーズしたり。

スクリーンショットしてブログに貼ろうとした画像。

編集した画像が上書きで消えたりして違うところで。

余計な時間を使ってしまった。

だからまだ、実際にソフトを動かしてはいない段階。

 

アナログな作業も大事。

 

ソフトの動作を確認するのと同時に。

アナログ的な部分。

予想される質問と答え。

これをまず整理しなければいけない。

広告