田舎の運営は、国からの補助でなりたっている。

広告



田舎は政治が近い。

 

都会から引っ越してきて感じる政治の近さ。

田舎は人口が少ないせいか、議員さんという人が身近にいる。

普通に知り合う。

 

別に政治、町政に興味があったわけではないけれど。

いろいろな町の情報が耳に入ってくる。

そして実際、目にもする。

だからなんとなく、町の動き、政治を気にはするようになった、している。

 

すくなくともこの城里町は国からの補助でなりたっている。

 

全国の市町村がどのくらいのレベルか。

自己の地域の税収で運営がなりたっているのかは知らないけど。

東京くらいかな。

 

ここ城里町は、自分の財布には。

建物を建てたり、直したりするお金を持っていない。

そういうお金がどこからくるのかといえば。

国からのお金。

これは都市部で徴収した税金なのだろう。

これが分配されてくる、予算をとって引っ張ってくる。

 

地域活性化という名の無駄遣い。

 

地域の活性化をしたいのはわかる。

でも。

立派な建物や施設をつくって、結局、経済が回らない。

イニシャルもランニングのコストも元をとれない。

これが、地方の現状。

 

都市部の徴収した税金、お金は有効に使われておらず。

田舎で無駄使いされている。

広告