湯たんぽ2台持ち。湯たんぽ製品のレビュー。

広告




ビリーズマーケットのブログです。

 

PCの動きが悪い。

 

古いマックブック。

使っているPCはこの1台。

ブログは、これで書いています。

 

エアコンやヒーター、空調設備は使わない生活。

 

もう何年になるのだろう。

もともと人工的な空調は好きではなかったこともあり。

使わない生活。

暑さ、寒さには身体が適応できているのだろうか。

数年間続いているのは苦にならないから。

というか、多少やせ我慢。

 

『どうしても我慢できない。』というときは。

車に乗ったり。

街、外に出ればいい。

 

最近は、家に帰るのが夜中。

 

帰宅、帰るのが遅い時間の場合がある。

そうすると、家、部屋の中が冷え切っている。

田舎の平屋は寒い。

さすがに家の中は氷は張っていないけどね。

 

人間よりも機械が根を上げた?

 

ブログを書くための大事なマックブックの動きが悪い。

作動保証内の温度を下回っているのかな。

そんなマックブックを温めるため。

湯たんぽを買い足した。

 

ついでに形状の違う湯たんぽ。どちらがオススメか?

 

2個違う湯たんぽがあるのでついでに製品レビュー。

 

このみどり色の湯たんぽ。

4シーズンくらい使ってる。

丈夫。

 

こちらが2台目として買い増したもの。

入るお湯の量が多少多い。

 

スリット?格子状が暖かさに影響するのか?

 

暖かさの違いは変わらない。

同じ温度のお湯をいれているので。

ただ、付属されていた専用のフリースみたいな袋。

朝までほんのり暖かい、保温されているのはオレンジ色のもの。

 

総合的には。

 

お湯を入れたり、抜いたりの使い勝手。

使い終わってから立てて水が抜ける。

スリットが入っているオレンジの湯たんぽは、それがメリットらしいけど。

結局、ひっくり返さないと、水は抜けないし。

お湯もスムーズに入らず空気が抜けない。

 

実証済みの製品の丈夫さ。

使い勝手。

緑の製品が勝ち。

 

湯たんぽは、部屋全体は暖かくはならないけど。

 

湯たんぽは、エアコンや電気、灯油の暖房製品にくらべて乾燥しない。

なんとなくしっとりする感じ。

おまけに湯たんぽは、節約生活。

燃料はお湯。

ただし、『低温やけど』には注意が必要です。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。