風の谷のナウシカを読む。本のレビュー。

広告



ビリーズマーケットのブログです。

 

漫画の『風の谷のナウシカ』を読んでます。

 

風の谷のナウシカといえば宮崎アニメ、映画の代表作。

 

この映画が公開されたのは、私が小学生の頃。

その時代。

各家庭には、ビデオで録画したこの作品。

ビデオテープの爪を折って、持っていたのではないかな。

 

映画が公開されたその頃、原作の漫画も同時進行していた。

映画は原作の途中まで、その先の話がある。

小学生のころに買って読んだその漫画は。

絵が怖い感じで、内容を理解するのが難しい。

そのせいだったのか?

途中の巻までしか持って、読んでいなかった。

時間が経つにつれ興味もなくなる。

 

大人になって読解力がついたのだろうか。

 

そのころから30年ほど経った今。

なんとなくその本来の話、原作、先が気になる。

そして、読み始めたのですが、今でも難しい。

宮崎作品は、全般的に明るい感じがするのだけれど。

これだけは違う。

 

ここに何かメッセージが?

 

本、漫画や映画に。

また、文学や音楽にさえ意味、メッセージ性はないのかもしれない。

あと一巻、最終巻を読んで何を感じるのか?

一つの作品を通して自らの成長を感じることができるのか。

そういう意味でも、最終巻が楽しみ。

 

発信する作品に意図、メッセージ性がなくても。

受け取る人が何か感じるということは。

それは、作者のメッセージなのだろう。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。