田舎のしがらみ。

広告



ある地域で感じる田舎のしがらみ。

 

引っ越し、移住して2年と数ヶ月。

住んでいる地域では感じなかった。

田舎に移住するマイナス面としてよく話しに聞くしがらみ。

 

生活環境を変えた。

 

先月から。

行動する地域を変えた。

日常的に会う人の層、人数も増えた。

そこで感じる人間関係のせまさ。

東京、都会と比べて人口が少なく流動性がない。

 

田舎は。

出て行く人はいても、新しく入ってくる人が少ない。

だから出身校の上下関係やつながり。

大人になってもそのまま残っている。

 

もちろん、いい面もあるのだろうけど。

流動的ではなく。

どちらかといえば狭い世界にみえる。

 

インターネットの広い世界がまだ機能していない。

 

変化、変革をしていく環境というよりは。

中から物が言えない縦割り、さまざまな業界。

保守的で後退するつながり。

 

田舎のしがらみは。

これらと同じように感じる。

 

居心地の悪い、しがらみのある狭い実社会、世界だったとしても。

仮装空間と思えるインターネット。

視野が広がるだけではなく。

遠くの現実とつながる。

広い世の中を感じることで。

逃げることもできる。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。